読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろんなことをつぶやくDJ番組的なブログ。文章書くことはまだ修行中の身です。


ネット海へ放ったいくつかのボトルメール( Messaga in a bottle )       カテゴリーは工事中です



「気にしすぎ症候群」を読んだ

https://www.amazon.co.jp/気にしすぎ症候群-小学館新書-伊東-明/dp/4098252333 何かと「気にしすぎる」ことは多いものです。私のような「気にしすぎる」気質に対してはHSP [ = Highly Sensitive Person ] という概念があって,最近では幾つもの文献で紹…

腹はなぜ立つんだろう……

先日,乗りたいと思っていたエレベーターに駆け込んだら,閉まり始めた扉に挟まれながら扉と格闘しました(笑)。すでに2人ほどの先客がいた……いずれも女性で,ひとりは高校の制服を着ていた。すぐ目の前にある開閉ボタンぐらい押して助けてくれよ!って思…

【個人的お勉強】ストレスとコルチゾール

あくまで専門家ではない私が個人的な勉強のために書いたエントリーです。情報源としては「無免許運転」みたいなものですのでご注意下さい m(_ _)m ストレスに関する情報にあたっていると,たまにコルチゾールという名称に出会います。しかし,実際にそれが何…

眠りのなかで見る「夢」って何なの??

理解不能な夢をほんとうによく見ます。というよりは,夢を見ることそのものがそもそも理解不能な現象なんだけれど。 眠っているときの私の脳で起こっていることって,きっと自然現象に近い出来事なんじゃないかな。夢の中ではきっと,ストーリーなんか見てい…

「抑圧」と「排除」

こんなKOBOの電子本を読んでました。 心理学の本を読んでいると,「抑圧」という概念のほうはとても頻繁に目にするのですが……「排除」という概念についてはこの本ではじめて目にしたような気がしています。面白いなあと感じたので,ちょっとここにメモっ…

怒りと恨みの境目,怒りと恫喝の境目

1コ前のエントリーから思いついたことを,もう少し纏めてみました ^^ ◯ 怒りとは,危険を回避するとっさの手段 危険に直面したそのとき,私は「闘うか逃げるか」のいずれかを選択できる。 怒ることは,そのとき「闘う」ほうを選んだということだ。 ◯ 怒りは…

ネガティブな感情を区別することの難しさ

ひとことでネガティブな感情と言っても,さまざまなものがありますよね。もしもメンタルコンディションがいまいち……だとすると,おそらくは心療内科あたりに行けば「うつ」という診断名を頂いてしまうのでしょう。しかし実際にどうかといえば,いま本当に苦…

アサーション(自分も相手も大切にする自己表現)

私のエントリーの中に,かなり頻繁にアサーションという言葉を持ちこんでいるのですが,これについて簡単に触れておこうと思います。 この概念をアメリカから日本に持ち込んだ平木典子さんによると,アサーションというのは「自分も相手(他者)も大切にする…

「うつヌケ」ちょっとだけ実践編

なぜ人はうつになるの?「自分をきらいになるから……これは真理だと思うの」「ですね!!」 「私さえこの場からいなくなればいいんだ……」 もしこの言葉を自分じゃなく他人に対して言ったら 「あなたさえこの場からいなくなれば!!」 人間関係が破綻しますよ…

自己肯定感への練習〜うつヌケ

昨夜の寝る間際あたりに,田中圭一さんの「うつヌケ」というコミックエッセイを読み返していました。布団かぶって読んでるうちに,いつしか眠って朝を迎えた次第。 まだ10日前に出たばかりの新刊本です。副題には『うつトンネルを抜けた人たち』とあります。…

いまだに「毒親」に支配されつづける情けないオッサンの私

実際のところ,こんないい歳をした私が「親との関係が云々」のようなことで愚痴を言い続けるのはもう嫌なのです,情けなすぎて。しかし私は今なお,あの「老いぼれども」(あえてそう言おうと思います)から精神的に支配されていたりします。 母親の誕生日が…

安冨歩さんの本をさらに2冊読んだ

「あなたが生きづらいのは『自己嫌悪』のせいである」という本を読んで,気づかされることがとても多かったことを,一昨日のエントリーで書きました。 nagoyanian.hatenablog.com で,この本を書かれた安冨歩さんという方にすごく興味を持ったので,ネットで…

「あなたが生きづらいのは『自己嫌悪』のせいである」を読んだ

安冨歩さんという方の「あなたが生きづらいのは『自己嫌悪』のせいである」という本をKOBOの電子書籍(iPad)で読みました。 以下はいくつかの覚え書き。著書の内容と私自身の考えとが入りこんでしまっていますので。家族関係に関することにも「なるほど」が…

スチューデント・アパシーに陥ったことがある

夢の中でなにかを考えていることがよくある。 さっき見た夢もそうだった。私は部屋にいて,テレビでぼんやりとアニメの「アンパンマン」を(何故?)見ながら考えている。ふっと何か実家の両親のことが頭をよぎるような感じを覚える。「まあ,いいかな。ここ…

コメントは承認制にさせていただいております(ご投稿後,即時には掲載されません)。

必要な場合,私信などにもご利用下さい。