読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろんなことをつぶやくDJ番組的なブログ。文章書くことはまだ修行中の身です。


ネット海へ放ったいくつかのボトルメール( Messaga in a bottle )       カテゴリーは工事中です



これほど気持ちいい晴天なのに,気分が晴れなかった些細な理由

日記

 

 可燃ゴミを2袋下げてエレベーターに乗った。途中階で,幼稚園の女児を連れた男が乗ってきて,私と不愛想な挨拶を交わした。男は可燃ゴミひと袋手に下げていた。女児も無言,男も私も無言……エレベーターはすぐさま1階に着いた。先にエントランスに出た私は彼等のために玄関の扉を支え,女児も男も無表情で私の前を通り抜けていった。先に置かれた男のゴミ袋と,ちょうど対角線の向こう側になるその位置に私はゴミ袋を置いた。

 よくわからないんだけど……なんでこんなに苛立ってるんだ,オレ? 歩いても歩いても「もやもや」が晴れないのだ。今日は雲ひとつない快晴で,空気も気持ちよく澄んでいる。電車で2駅ほどの距離を早足で歩いていると,体のほうはとても心地よくてうっすらと汗が滲みはじめてるのが分かる。

 今朝はじめて全裸で乗ってみた新品のヘルスメーターは,私の体内年齢が40歳だと告げた……それがホントならまだけっこう長いこと人生が続くらしい。それにしても気がかりだったのは,同じヘルスメーターが告げた家内の体内年齢。見た目若いんだけど,あの人。確かにいろいろあるんだけど,私のような変人にとってはかけがえのない「飼い主」である。飼い主さんに先立たれたら……やめよう,そんなのはイヤだ。先にこと切れるのは私であってほしい。ヘルスメーターよ,どうかあれはウソだよーんって言ってくれ……

 でも,どうしてあの男——もとい,あの人の何に腹が立ったのかなあ? 

 で,そのうち,どうやらあの人だけが腹立たしかったわけではないらしいことが分かってきた。通りすがりの萎び切った老夫婦,乗った電車の正面に座る小汚い老人,入った喫茶店での耳障りな老婆同士の会話(どれもこれも乱暴な言葉遣いですみません)……視界やテリトリーに入ってくるものにことごとく心の中で噛みついてしまう,この状態は何だ? オレ,とうとう気が狂っちまったのか? こんなすっきりした青空の朝だというのに,どうして——このところ一段とひどくなってきた飛蚊症の目をこすりながらもう一度澄み渡った青空を見上げた。

 体はこれほどにすっきりしてるってのに,魂がしくじってるのか?

 何か悪い夢でも見てしまっただろうか…………

 

 

 あれっ? 

 

 そういや今日って,4時間弱しか寝てないじゃん。ああ,3時過ぎまで眠れなかったもんなあ(笑)。

 ははは。結局そういうことでしかないんですね。眠りって大事です。

 今日は仕事までに時間があるので,ネットカフェのブースで少し仮眠でも取りましょうかね。

コメントは承認制にさせていただいております(ご投稿後,即時には掲載されません)。

必要な場合,私信などにもご利用下さい。