読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろんなことをつぶやくDJ番組的なブログ。文章書くことはまだ修行中の身です。


ネット海へ放ったいくつかのボトルメール( Messaga in a bottle )       カテゴリーは工事中です



ああ、通勤地獄……

つぶやき 社会

 

 ラッシュアワーの通勤電車の車内が極度に苦手なんです。金回りのいい身分なんかではありませんが、朝だけは特別車両券買って都心へ向かうことも少なくありません。帰りは空いているのでわざと各停乗って、座ってゆっくり帰宅することが多いです。ただ朝に関しては……各停でも相当混みます。ストレスを減らすために私には必要なことだと割り切っています。

 家内もおそらく特別車両券を買って仕事に向かう朝があるのだと思います。いつも体調悪そうにしていますからね。そんな家内から朝食どきに愚痴られました。
 つい最近、相席した人に不快な目に遭わされたんだ……と。
 恰幅のいい先客がすでに肘掛けを独占してしまっていたらしい。隣に座ったら……家内の脇腹にその肘が刺さって、でも隣の男は意に介することなく肘掛けを占領しつづけて……とても辛かったのだと。

 起きぬけにネガティブな話題を振られたものですから、つい遮るように「気にしなきゃいいじゃん」なんて言ってしまったのですが……実際、特急だってけっこう不快な目に遭ってしまうことがあります。指定券を持たないですでに座っている人に「すみません……」って声をかける——普通に立ち退いて下さる方はいいんですが、何だか私のほうが悪いことをしたかのように露骨にイヤな顔を向ける方がいます。あるいは前の席からあからさまにリクライニング倒してきて、すごーく窮屈なまま過ごさなければならないってこともあります。

 どんな種類の不快に出会った場合であっても……何が不快なのかを考えてみると、どうやら自尊心を傷つけられているような気分になってしまっているみたい。配慮をしない(配慮するに値しない)という自覚を前提にした確信犯であるかのように感じられて、そうしたものを呑み込まされるということに、どこか「はけ口」として利用されて(低く見られて)いるような不快感を覚える……とでも言えばいいんでしょうか。それにしても、家内も私もどうしてこんなストレス耐性が低いんだろう。そこは本当に似たもの同士だよなあ。

 

www.chunichi.co.jp

女性専用車両を廃止しろ」などと書かれた文とガソリンのような液体が入った容器が同封され、二日に東山線の全二十二駅や市交通局に郵送された。県警が威力業務妨害の疑いで捜査している。
女性専用車両は二〇〇二年九月に東山線で始まり、昨年七月には名城線名港線の平日朝の通勤時間帯にも導入された。

 f:id:nagoyanian:20170308154419j:plain

  名古屋市を東西に横切る東山線というのは、東の終点付近に高校・大学を抱える20キロほどの路線です。沿線にはイケメンゴリラでおなじみの東山動物園もあります。名古屋〜栄の3駅間は、大阪でいえば「難波〜本町間」、京都でいえば「京都〜四条間」みたいな感じで、私鉄のターミナルとオフィス街とを結ぶ性格を持っています。

 ラッシュアワーは2〜3分おきに電車が来るとはいえ、朝のこの区間はどうしようもないほど混んでいます。近くの人と密着状態になるのはきわめて不快ですし、こっそり屁をすかす人でもいたものなら……想像しただけでも不快なことです(東山線に限らずどこでも遭遇しますが、ツラいんですよね、あれ)。

 これほどスマートな社会になってもなお、通勤車内の不快さが置き去りにされてきたところがあります。ただ……会社勤めをこなすことは、そうしたことを受容することでもあるってのが一般的な考えだったりもします。痴漢やスリ……そんなものは受容(泣き寝入り)なんかしちゃいけません。が、鼻先にオヤジの頭皮が来ることもあれば、ポジション取りが強引すぎる若い女性の胸元あたりに空間作って差しあげねばならないこともある……相当な労苦であります。わずか数分といえ、戦争みたいなものです。

 鉄道会社はラッシュ緩和にもっと努力を——と言いたいところもあるけれど、やはり収益面に関するところもあるでしょうから、両数を増やすとかも難しいでしょうね。そんな中にあって「女性専用車」の設置は、女性にも男性にも有益な方法だとは思っているんですが……何せ女性専用車は1両で、専用車以外も女性がかなり乗ってくる。女性側のリスク回避の選択は与えられているのに、男性側にリスク回避の選択が与えられていないってことなのでしょうね。脅迫文を送らずにいられなくなったその人、痴漢冤罪にでも巻き込まれたのでしょうか?

 彼の主張する「廃止」って方策は——犯人が痴漢冤罪に関わりのある人だとすれば、何の解決にもならないと思うのだけれど。痴漢でおいしい(のか?)思いをしたい身勝手な人間が言っていることなのだか。あるいは女性を蔑視しているお年寄りあたりが、愉快犯的に「世直し」と称して言ってる戯れ言なのだか。あるいは単に、特に主張もなく頭の悪いだけの人がやらかしたことなのだか。

 どっちにせよガソリンのような液体を同封して、物事を主張してはいけません。きわめて卑怯な方法です。話し合いをはじめから前提しない恫喝——まさにそれと同じです。まあそれ以前に「犯罪」ですからねえ。

コメントは承認制にさせていただいております(ご投稿後,即時には掲載されません)。

必要な場合,私信などにもご利用下さい。